座標の取り込み手順 ソキアトータルステーションSET530RKS

湘南通商のホームページをご覧いただきありがとうございます。

ブログを通して当社の業務内容を紹介しております。

 

新規のお客様に初めてご使用になられる機械の説明することになりました。

その際に杭打ち作業時、座標を手入力されているとのことで便利な機能を紹介してきました。

 

そこで本日は、ソキアSET530RKSの座標の取り込みについてです。

座標の入力をするときはどうしてますか?

座標値を印刷して現地で入力していられる方にPCと接続して

座標値を取りこむ利点について

①入力ミスがなくなる。

②入力にかかる手間が省ける。

これだけ?と思われますが割と大事なことです。

ではどうやって取り込むのか?

通信ケーブル接続時の方法をご紹介いたします。

 

観測モード状態ならESCボタンを押して初期画面へ。

①メモリーボタンを押してください。

※現場管理で取り込む現場の選択をしておいてください。

②既知点を選択

 

③外部入力を選択

 

④取りこむ座標の拡張子 SD TSS を選択

 

⑤PC側で座標を送信。

成功すると点名が表示されます。

 

通信エラーが出る場合

①設定ボタンを押します。

 

②通信条件を選択

 

③通信モードをRS-232C ボーレートはPCの通信速度と同じにしてください。

 

難しそうに見えて慣れればとても簡単です。

当社ではお客様にレンタル械の便利な機能をご紹介して作業効率の向上に努めています。

測量機のレンタルでお悩みの方は当社までご相談ください。

 

営業:愛知

 

 

本社

〒251-0002
神奈川県藤沢市大鋸1-9-3
TEL: 0466-28-8804
FAX: 0466-28-8854

アクセスマップ

JR線・小田急線・江ノ島線「藤沢駅」
より徒歩11分